医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

コープくらしき診療所ニュース 2018年11月号

支えあい、地域まるごと健康づくり

倉敷医療生活協同組合は約6万5千人の地域組合員と職員との『協同の営み』により、保健・医療・介護・福祉のサービスを提供・運営しています。コープくらしき診療所も、もうすぐ設立20年を向かえますが、より充実した医療サービスの提供及び、健康なまちづくり活動の充実のために、定期的な増資(1口500円〜)と組合員(仲間)増やしにご協力ください。

●保健活動〜健診のすゝめ〜

国保特定健診の受診は、生活習慣病の予防に資するもので、健康づくりのきっかけとなるものです。しかし、岡山県内の健診受診率は低迷しており、全国都道府県ワースト5の43位。がん検診も日本人の約7割が未受診です。くらしき診療所でも倉敷市が実施する特定健診・がん検診を平成31年1月まで実施していますので、お気軽にご相談ください。

●予防活動〜予防接種のすゝめ〜

インフルエンザ予防接種を10月9日より開始していますが、昨年度のワクチン供給不足も踏まえ、高齢者(65歳以上)と乳幼児(小学生未満)および喘息・糖尿病・循環器等の基礎疾患がある方を優先して対応させていただきますので、ご了承ください。  高齢者肺炎球菌や小児定期予防接種も行っていますが、風しんなどの任意接種ワクチンも、組合員ならお得な料金で受けることができます。

●組織活動〜仲間づくりのすゝめ〜

地域の方に医療生協の組合員活動&事業所の取組みを知っていただくため、11月11日(日)10:00〜12:30にコープ倉敷北店で「いのちと健康のつどい」を行います。参加無料で組合員による演奏や笑いヨガをはじめ、血管年齢・骨密度測定や歯科チェック、おかやまコープ居宅介護支援事業所による「介護相談コーナー」、災害復興支援バザーやお楽しみ抽選会などありますので、たくさんご参加お待ちしています。

≪組合員さん手作りの万華鏡≫
© COOP Kurashiki Clinic 2009- 当ホームページ掲載の記事、画像、イラスト等の無断転載を禁止します。