医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

医療生協 コープくらしき診療所 ホームページ

健診のご案内

コープくらしき診療所では次のけんしんが受診できます。

受診を希望される場合は、くらしき診療所の窓口へお問い合わせ下さい。

けんしんの種類 費用
  対象者 70歳未満 70歳以上 非課税世帯
倉敷市生活習慣病
予防健診
40〜74歳の倉敷市の国民健康保険加入者 2,000円 600円 70歳未満:600円
70歳以上:200円
75歳の倉敷市の国民健康保険・後期高齢者医療制度加入者 600円 200円
女性の一般健診 20〜39歳の女性 900円 実施なし 無料
胃がん検診 エックス線検査 50歳以上で前年度
受診していない市民
(2年に1回)
2,400円 800円 無料
大腸がん検診 40歳以上の市民 900円 300円

肝炎ウイルス検診

C型+B型

40歳以上の市民 900円 300円
前立腺がん検診 50歳以上の男性 1,300円

◆受診当日は、保険証と受診券を必ず持参して下さい。◆

くらしき検診ガイドもご確認ください。

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

予防接種のご案内

◎注意事項
*いずれの予防接種も予約が必要です。(接種希望日の3日前までにご連絡下さい。週末、祝祭日などある場合、それ以上時間がかかる場合があります。)
*おやこ健康手帳(母子手帳)を必ずご持参下さい。接種当日に手帳の確認ができない場合、接種ができないことがありますのでご了承下さい。(紛失等されている場合、保健所へ接種履歴の問い合わせを頂いた上、ご予約下さい。)
連絡先:保健所感染症係 434-9810
*予防接種の整理番号(シール)がわかるものをご持参下さい。(倉敷市の方に限ります。不明な場合、接種日までに保健所にて確認の上、来院してください。)
*定期予防接種(BCG、不活化ポリオ、水痘、B型肝炎、二種混合、麻しん風しん混合、日本脳炎、4種混合、肺炎球菌(プレベナー)、Hib(ヒブ))は原則として保護者(父・母)の同伴を必要とします。やむをえず保護者が同伴できない場合は予防接種を理解した上で、親族(三親等以内の者)を同伴者の同意を持って保護者の同意とする委任状の提出が必要です。

◎B型肝炎ワクチン

平成28年10月から任意接種だったB型肝炎ワクチンが定期接種になります。
平成28年4月1日以降に出生した、生後1歳に至るまでの間にある方が対象です。
*生後2ヶ月から接種できます。

◎子宮頚がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日から定期の予防接種として実施していましたが、ワクチンとの因果関係は不明ではあるものの、「持続的な痛みを訴える重篤な副反応」が報告され、副反応の発生頻度等がより明らかになりました。

これにより、適切な情報提供ができるまでの間、積極的にはお勧めしないことになりました。

(平成25年6月14日、平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成25年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会において)

*希望者は定期接種として接種をうけることは可能ですが当院でもお勧めはしておりません。接種を希望される際は、ワクチンの有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分に理解した上で、受けるようにしてください。
【参照】「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種を受けるに当たっての説明書」

積極的な接種勧奨の再開は、今後、国における専門家会議による評価を行い改めて判断される予定となっています。新しい情報は随時、ホームページなどを通じてお知らせいたします。

厚生労働省のチラシ
【参照】「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」 (平成25年6月版)

◎倉敷市の成人用肺炎球菌ワクチン(高齢者)

平成30年度に65、70、75、80、85、90、95、100歳になられる方には、接種券を持参してください。
※肺炎球菌ワクチンを接種したことがある人は全額自己負担

接種期間は、平成30年10月1日〜平成31年3月31日です。

◎日本脳炎ワクチン

副反応の問題のため、平成17年から積極的なお勧めはしておりませんでしたが、平成21年に新しいワクチンが開発されたことにより一部勧奨の再開をしております。

平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの方は対象年齢を過ぎても、接種日において20歳未満であれば不足分を公費で接種ができます。(全4回分)接種回数を確認ください。

◎ポリオ予防接種

平成24年9月1日より、ポリオの予防接種のワクチンが、不活化ワクチンに切り替わりました。

当院でも接種を行っております。(倉敷市保健所ホームページより)

これまで、定期の予防接種に使用するポリオワクチンは生ワクチンでしたが、9月から不活化ワクチンに切り替わりました。

これによりポリオ生ワクチンは取り扱いがなくなりました。

生後3か月の接種時期が来たら、早めに接種を受けましょう。

(主な変更点)

ワクチン 生ポリオワクチン 不活化ポリオワクチン
接種方法 経口接種
(口から飲む)
皮下注射
(皮下へ注射)
回数 2回 4回
(初回接種3回 追加接種1回)
特徴 強い免疫ができるが、ごくまれにポリオと同様の症状が出ることがある ポリオと同様の症状が出るという副反応はない

参照

厚生労働省HP
ポリオワクチン
保護者のみなさまへ(リーフレット)
どうすればいいの?ポリオワクチン(リーフレット)

◎公費以外の予防接種

水ぼうそう、おたふくかぜ、インフルエンザなどがございます。

ロタウイルスの予防接種も取り扱っております。この予防接種は経口接種(飲む)で、シロップ状のワクチンです。くわしくは窓口まで問い合わせ下さい。

その他、海外渡航、留学等で予防接種が必要な場合についても窓口まで問い合わせ下さい。

◆料金について

  組合員 一 般
水ぼうそう(水痘) 6,150円 7,770円
おたふくかぜ 4,640円 6,260円
風しん 4,090円 7,300円
肺炎球菌(成人用) 6,800円 8,420円
ロタテック 7,450円 9,070円
B型肝炎ワクチン 3,990円 5,610円

◎「風しん抗体検査(無料)」・「風しん予防接種費用の一部助成」が倉敷市において行われます。

平成24年の終わりから、20〜40歳代の男性、20〜30歳代の女性を中心に全国的に風しんが流行しました。現在流行は落ち着いていますが、抗体の不十分な妊婦が感染することでおこる先天性風しん症候群(CRS)の胎児出産も、平成24年10月以降平成26年3月5日までに43例が報告されています。

倉敷市では、妊婦の風しん感染を予防するため、風しん抗体検査を無料で実施しています。また、風しんの抗体価が十分でないと判明した人には、予防接種費用の一部を助成しています。詳しくはお問い合わせください。

実施期間:平成29年4月1日〜平成30年3月31日

インフルエンザ予防接種について

<インフルエンザ予防接種の再開について>
先日より迷惑をおかけしておりましたインフルエンザ予防接種について、新たにワクチン入荷ができましたので予約受付を再開します。
ご希望の方は、電話または受付窓口にてお申込み下さい。
接種期間:11月19日(月)〜12月14日(金)

イベント案内

青葉会:高齢者のふれあいサロン

日時:毎月第3土曜日11時から12時半

場所:別途ご確認お願い致します。

ボランティアさんが作ってくれるおいしい昼食をいただきながら、季節の行事などを楽しみます。

参加費:500円 申し込みは診療所受付まで。

© COOP Kurashiki Clinic 2009- 当ホームページ掲載の記事、画像、イラスト等の無断転載を禁止します。